現場で頻繁に使われる離型剤は選び方で作業効率が変わる

Release agent

適切な離型剤を選び適切な使用方法についてもよく調べておこう

離型剤は、適切な製品を選ぶだけではなく、それを現場で適正な方法で使用することも大切です。自社で製造している製品の素材や仕様に相応しくない離型剤を選んだり、あるいは、不適切な使い方をした場合、その被害は甚大なものになると予想されます。例えば、成形のプロセスで多くの破損品を出し、生産目標数を達成するために追加の原材料を大量に仕入れる必要に迫られるかもしれません。また、当然のことながら、追加の成形作業が必要になることで、人件費もかさむでしょう。こうした事態を避けるためには、まずは、自社製品に相応しい離型剤を確実に選ぶことと、更に、その適切な使い方について、専門家に相談したり、指導を受けたりするのが賢明です。
製造している製品が、成形の難しい小型、薄型製品の場合や、製造数が非常に多くて、連続離型に強いタイプの離型剤が必要であれば、基本的には、フッ素系離型剤を選択しておけば大丈夫でしょう。ただ、フッ素系離型剤にも様々なタイプのものがあるため、自社製品にとって最適な製品や、使い方の詳細については、専門家に相談するのがベストです。フッ素系離型剤に一番詳しいのは、フッ素コーティング剤専門メーカーですので、そちらにコンタクトを取り、必要な情報を提供してもらえるように努めましょう。

現場のストレスを減らせる離型剤ならフッ素系離型剤の一択

シリコンやプラスチック製品の成形現場では、ストレス源となる要素が色々あります。そのかなりの部分が、離型剤の選択に由来するものであることも珍しくありません。例えば、小さい製品や、簡単に折れてしまう極細製品の成形に取り組んでいる場合、離型剤の働きが芳しくなければ、成形失敗が続出して、やり直し作業に膨大な手間と時間を取られてしまうでしょう。また、離型効果に問題がなくても持続性に難があり、一度に沢山の製品を連続離型できないことも、大きなストレス源になり得ます。特に、売れ筋商品の増産に追われている場合は、何とかして一度により多くの製品を効率よく作れないかという要請は、切実なものがあるでしょう。
こんな現場のストレスを一気に解決できる離型剤が、フッ素コーティングの仕組みを離型効果に転用したフッ素系離型剤です。フッ素系離型剤の強みは数多くありますが、やはり離型剤としての基本性能ともいうべき離型効果の高さは特筆に値するでしょう。他の離型剤を使用して多くの不良品を作っていた現場でも、フッ素系離型剤の導入によって、極細製品でも小型製品でも、何のストレスもなく簡単に成形・離型できるようになります。また、持続性に関してもフッ素系離型剤は優れているため、連続離型の必要性に迫られている現場では、フッ素系、特に、現場で追加塗布しやすいスプレータイプや刷毛で塗布できるタイプの製品を常備しておくといいでしょう。

離型剤として優れているフッ素コーティング

工業製品や精密部品の製造の現場の多くでは生産性を高める目的として金型が使用されています。あらかじめ精密に作成をされた金型に素材を流し込むことで完成品の品質にばらつきがなく、高品質の製品や部品を大量に生産することができるためです。ただし、金型に流し込む素材によっては完成品が金型に固着をしてしまうこともあり、無理に製品や部品を剥がすことによって商品とならないものが一定の割合で生じてしまうという問題があります。金型から無理に剥がすことで製品や部品に欠けなどのダメージを与えることになってしまうためです。そのような製造ロスが生じないようにするための方策としては離型剤としてフッ素コーティングの使用があります。フッ素コーティングを離型剤としてあらかじめ金型に塗布を行っておけば、金型に流し込む素材が型に固着してしまうことを防止することができ、製造ロスを大幅に削減することができるからです。製造ロスを削減することができればより売り上げを上げることも難しくはありません。製造の現場において金型を使用されており、製造ロスのことでお悩みのときには離型剤として優れているフッ素コーティングを使用されてみてはいかがでしょうか。


【株式会社フロロテクノロジー】は安全で適切な離型剤をご用意致します!用途によって適切な製品が変わってくるものづくりにとって大切な離型剤もプロがしっかりフォローいたします!