現場で頻繁に使われる離型剤は選び方で作業効率が変わる

Release agent

食品工場でも使用できる離型剤ならフッ素コーティングタイプ!

ハケを持つ手

離型剤が必要となるのは、工業製品メーカーのように金型で樹脂製品を成形する工場だけではありません。食品工場でも離型剤が必要となり、パン工場なら焼き型、型に入れて冷却冷凍する食品工場でも離型剤は生産効率を高める上で必要不可欠です。しかし、食品工場では工業製品のように鉱物油や化学合成油を離型剤として使用することができません。そのため、食品油や添加物を使用することになるものの、衛生面での管理に時間や費用が掛かります。
ですが、フッ素コーティングタイプの離型剤なら食品工場でも安心して使用することができます。フッ素コーティングは金属表面にもフッ素化合物が強力な被膜を形成するだけでなく、歯磨き粉にも含まれる成分と同じため人体への影響リスクも低いものとなっています。また、フッ素コーティングは撥水性もあり、油のようにステンレス表面に残留することがなく、水洗いすることで汚れを綺麗に除去することができます。食品工場のように常に綺麗な型を使用する必要がある場合、フッ素コーティングタイプの離型剤なら少量の水で洗浄することも可能になります。そのほか、金属表面に錆が発生し難いため、食品に対する異物混入リスクも軽減することができます。これまで、大量の食品油を使用しており、離型剤のコストと洗浄コストが問題になっているならフッ素コーティングを検討してみましょう。